YouTube初心者の覚え書き

目指せ収益向上

描いた絵が実物に!?~不思議なスケッチブック~

f:id:mac328:20220326124242j:plain

新しい動画をアップした。

また今回もVFX(視覚効果)を使ったトリック動画になっている。

個人的にこういう動画作るほうが自分の性分にあってる感じなので、当面はこの方向で行ってみようと思う。

もっと腕を磨いて良い作品を創っていきたい。

今回の製作はメインにPowerDirector、
要所でHitFilmともう一つOBS Studioというアプリを使った。

OBS Studioも無料のアプリで、クロマキー(緑色の背景を透過させるアレ)がPowerDirectorよりも綺麗に出来るという情報を得て使ってみた。
元々動画編集ソフトではないため使い方にクセがある感じだが、確かに輪郭が割りと綺麗に抜ける。

本当はAdobe系のアプリがあればこんないくつも使い合わせる必要はないんだが高いからなぁ…。
今はこれでいい。もっと稼げるようになったら考えよう。

ということでアップした動画はこちら。

youtu.be

立体パズルを平面から立体にする5歳【マグフォーマー&ピタゴラス】

f:id:mac328:20220227104042j:plain

 

新しい動画をアップした。

 

今回もいわゆる「トリック動画」というか、VFXを使った。

 

こういう動画って自分としては最近目にするようになったのだが、作り方とかいろいろ調べていると、決してマイナーな分野ではなさそうという気がした。

 

昔は高価な機材やソフトが必要だったが、今は個人でこんなのが作れてしまう。

 

しかも前の記事でも触れたが、今回使用したソフトはHitFilm Express。なんと無料である。

これだけで編集~字幕~BGMまで全て完結。

 

正直、字幕やBGMは慣れたPowerDirectorのほうが良いかなという気がしたが、あえてHitFilmだけで全て出来るかどうか試したくてやってみたのもある。

 

このHitFilmは本当にすごい。このレベルのものが無料とは素晴らしい時代。

全て英語であり、書籍など参考にできるものが極端に少ないのだけが残念なので、日本でももっと普及して活発な情報交換を期待したい。

 

youtu.be

VFXを使用した動画編集

f:id:mac328:20220221191230j:plain

 

前回の記事に書いたYouTubeの投稿動画について、あれにはいわゆるVFX、つまり映像編集による視覚効果が使われている。

 

どの部分に、というのは言うまでもなく最後に投げたパズルピースがはまる部分。

 

あれは何も偶然撮れた動画ではなく、ましてや何度も何度も繰り返し挑戦してようやく撮れたというものでもなく、最初から台本ありきで撮影・編集している。

 

初めてそういう編集をやってみたが、我ながらなかなかうまくできたと思っている。

 

元々動画編集のような地道な作業は嫌いではないので、今回うまくいくか分からないままいろいろ調べながら手探りでやってみた。

 

今回使用したソフトは以前もこのブログで書いたPowerDirector365。

 

これくらいの効果ならこのソフトで十分作れる。

 

だが次にやりたいのはちょっとこのPowerDirectorの機能では不十分だったので、次の動画は、これも以前このブログで書いたHitFilm Expressを使用して作っている。

 

こういう編集をしている時ってなんか楽しい。

やっぱり楽しいというのも大事だ。

5歳児のパズルの組み立て方【カタミノ / KATAMINO】

f:id:mac328:20220218185744j:plain
説明という行為が嫌いなわけではないが、YouTubeのほうで前回アップした動画(ストーリー法)は、今までと比べて格段に喋る時間が増えてかなり骨が折れた。

これは慣れの問題もあるかも知れないが、YouTuberの方々はよくそんなにたくさん話し続けられるなぁと感心する。

まぁ、どんな動画が自分に合っているかは、これからもいろいろ挑戦してみて探っていけば良いではないか(と自分に言い聞かせている)。

というわけで、今度はまた違う方向性に挑戦。

今回は以前のように我が子のパズルの様子を撮影したもの。
しかし、誰も他人の子供が遊ぶだけの動画を観て楽しいわけは無いので、ちょっと一捻り入れてみた。

いろいろやって伸びそうな動画で攻めるという方向でいきたい。
youtu.be

YouTube 公開予定日・時間のスケジュール設定

f:id:mac328:20220203191800j:plain

YouTubeに動画を投稿する際、

「もうちょっと多くの人が見てくれそうな時間に投稿したいけど、その時間は別の用事があるからなぁ…」

なんて場合がある。

 

そんな時のために、YouTubeには公開予定日や時間をあらかじめ指定しておける「スケジュール設定」機能がある。

 

目次

スケジュールの設定方法

多分、YouTubeに動画を投稿したことある人なら、投稿の手順どおり進んでいけばその設定画面を見たことがあるだろう。

 

「公開設定」という画面で、その動画の公開範囲などを設定するところだ。

 

「非公開」「限定公開」「公開」の3つから選ぶ枠の下のほうに、「スケジュールを設定」というのが選べる。

 

これをチェックして、公開したい日付、時間、タイムゾーンを選択できる。日付は未来のものである必要がある。

 

それでそのまま投稿すれば、その設定した時間までは公開が保留され、時間がきたら自動的に公開される。便利だ。

スケジュールの変更方法

ちなみに、その設定したスケジュールを公開前に変更したくなった場合の手順は以下のとおり。

 

まずYouTube Studio→「コンテンツ」

 

対象の動画のサムネイルの「公開予約」クリック。「スケジュールを設定」が表示されるので、そこで日付や時間、タイムゾーンを変更できる。

というわけで

早速このスケジュール設定機能を使って、明日の18:30に公開されるようにさっき動画を投稿してみた。

その動画については明日書こうと思う。

世界一高精度な翻訳ツール「DeepL」が凄い

f:id:mac328:20220211232706j:plain

以前の記事で、「HitFilm Express」という素晴らしい動画編集ソフトがあることを書いた。

 

そこでも書いたが このソフト、開発元がイギリスの企業でメニュー等含め全て英語。

日本語化はされていない。

調べたいことがあっても当然出てくる情報も英語ばかり。

日本語で解説されているサイトは少なく、なかなかちょっとしたことを調べるのに時間がかかってしまう。

 

そして今回、ちょっと重要な部分で行き詰まる事態が起きたため、仕方なく公式のサポートに問い合わせることにした。

 

問い合わせると言っても、私は英語はペラペラに程遠いどころか文章でも調べながらじゃないと書けない。

 

まして、動画編集ソフトという専門的な分野である。

 

そこで今回役立ったのが、このサイト。

www.deepl.com

「DeepL」(読み:でぃーぷえる)と言って、世界一を謳う翻訳ツールだ。

 

ページを開いて入力窓に直接文章を打ち込むだけ。無料で使える。

 

翻訳ツールと言えば「Google翻訳」などが有名だが、Google翻訳よりも精度が高く、微妙なニュアンスのある翻訳ができると言われている。

 

AIによる翻訳なのは最近の他のサービスと同様だが、より新しく、はるかに改良されたニューラルネットワークを使用し、機械的ではなくその言語らしい表現を使った文章に翻訳される。

 

今回、HitFilmについての問い合わせのため、日本語→イギリス英語に翻訳させてもらった。

 

ちなみに念のため、その英語の翻訳結果をDeepLにより日本語へ再翻訳してみたが、結果は私の最初の文章の意味を100%取りこぼす事なく伝えられる綺麗な日本語になっていた。

 

うーんすごい。

これがあればHitFilmに関する海外の情報も思う存分参考にできそうだ。

 

便利な世の中すぎて本当にありがたい。

新しい「パソコン版Googleドライブ」が超絶便利

f:id:mac328:20220210193620j:plain

YouTube用に動画をたくさん扱っていると、いつの間にかパソコン内の容量が圧迫されてくる。

「異様にパソコン重いな…」と思っていると、Cドライブの容量が残り5GBを切っていた。

 

容量が圧迫されてくるとパソコンの動作にも影響してくるし、Windowsのアップデートに失敗するなどいろんな不具合が出てくる可能性もある。

 

パソコンの容量を確保するための整理術は巷で多くの解説がされているが、今回は「Googleドライブ」について調べてみた。

「バックアップと同期」は2021年9月末で終了

「バックアップと同期」とはなんぞやと言うと、パソコン内の特定のフォルダとGoogleドライブにあるフォルダとを同期するGoogleのサービス(だった)。

パソコン内データのバックアップはもちろん、他の端末からもバックアップデータを利用できる便利なもの。

が、このサービスは2021年9月末で終了し、10月からは後継として「パソコン版Googleドライブ」が開始された。

新しい「パソコン版Googleドライブ」

この2021年10月から開始された新しい「パソコン版Googleドライブ」について解説。

 

主要な機能は次の2つ。

  1. パソコン内の任意のフォルダを、Googleドライブと同期
  2. Googleドライブ上のファイルを閲覧、編集、管理

これらの機能について以下に詳細を。

1. パソコン内の任意のフォルダを、Googleドライブと同期

同期というのは、2つ(以上)のフォルダの中身が常に同じになるということ。

例えばGoogleドライブと同期設定されたパソコン内のフォルダに何かファイルを追加すると、Googleドライブのフォルダにも同じファイルがコピーされる。

 

一方のフォルダ内のファイルを編集保存すると、それがもう一方にも反映される。

ファイルを削除すればもう一方のほうも削除される。そんな感じだ。

 

Googleドライブ上のファイルには外出先など別の端末からもGoogleアカウントを使ってアクセスできるので、外出先からGoogleドライブ上のファイルを編集すれば感覚的には自宅パソコン内のファイルを編集するように扱えるわけだ。

 

ちなみにパソコン内の同期されたフォルダにあるファイルのアイコンを見ると、左下に緑色のチェックマークが付いている。

これはそのファイルがGoogleドライブと同期されているというサイン。試しに同期を解除すると、この緑色のチェックマークも消える。このチェックマークがあれば、「このフォルダって同期してたっけ…」ということは無くなる。

2. Googleドライブ上のファイルを閲覧、編集、管理

これは単純にGoogleドライブ上のファイルをパソコンから操作できるという機能だ。一つ目の「同期」機能とは全く別の機能と考えたほうが良い。

 

ここでの操作については、設定が「ミラーリング」になっているか「ストリーミング」になっているかで異なる。

 

ミラーリング」では、パソコンとGoogleドライブの両方に実データが存在する。メリットはパソコンがネットワークに繋がっていなくてもファイルはパソコン上にあるので普通に操作できる。デメリットは、ファイルが大きければその分パソコンの保存領域を圧迫する。

 

「ストリーミング」では、Googleドライブ上にのみ実データが存在し、パソコンからそこにアクセスしてファイルを利用する。メリットはパソコンの記憶領域を使わない、デメリットはオフラインでは利用できない、と「ミラーリング」の真逆である。

 

具体的な操作を以下に開設。

ミラーリングの場合

冒頭のほうで書いた、以前の「バックアップと同期」からこの「パソコン版Googleドライブ」へ移行した場合、特に変更しなければ標準では設定が「ミラーリング」になっている。

 

パソコンのエクスプローラ(フォルダ)を開くと、左に表示されている「クイックアクセス」の中に「マイドライブ」が表示されている。

ここがGoogleドライブと同期されており、ここにファイルを保存すれば、一つ目の「同期」機能と同じように他の端末からファイルを参照したり操作も可能になる。

 

注意点として、一つ目の「同期」機能により同期したファイルはここには表示されないとのこと。さっきも書いたが全く別の機能でありGoogleドライブ上でも別のディスクスペースになっているようだ。

 

この「マイドライブ」にあるファイルも緑色のチェックマークが付いている。Googleドライブと同期されている証拠だ。

ストリーミングの場合

設定を「ストリーミング」にしている場合は、以下のように操作する。

 

パソコンのエクスプローラ(フォルダ)を開くと、左に表示されている「クイックアクセス」の中に「Google Drive(G:)」という仮想ドライブが表示されているのでそれをクリック。するとその中に「マイドライブ」フォルダがある。この中にあるのがGoogleドライブ上に保存されているファイルである。

Googleドライブ上に保存したい場合は、このフォルダの中にファイルを突っ込めば、自動的にGoogleドライブに保存されるというわけだが、「ミラーリング」とは違い、この「ストリーミング」ではファイルの実体がパソコンに残っているわけではなく、「マイドライブ」フォルダに表示されているのはあくまでGoogleドライブ上のファイルだ。

 

それを示すために、この「マイドライブ」に表示されているファイルのアイコンには左下に緑色のチェックマークではなく、雲のマークが付いている。これがそのファイルの実体がクラウド上(つまりGoogleドライブ)にあると示すサインだ。

 

ファイルがパソコン内にあるわけではないので、オフラインで操作したいファイルがあれば、オンラインでアクセスしている間にパソコンへダウンロードしておく必要がある。

その操作は、対象のファイルを右クリック→「オフラインアクセス」→「オフラインで使用可能にする」をクリック。緑色のチェックマークに変わりパソコン上に実データが保存されたことが分かる。

運用の仕方

解説が長くなったので「なんかいろいろあって難しいなぁ」と感じてしまうが、整理すれば機能はシンプル。

 

Googleドライブを使う目的として、単に普段パソコンを使っている中で大切なファイルのバックアップをしておきたいということなら、一つ目の「任意のフォルダを同期」すればいい。

大切なファイルはその同期されたフォルダに入れるようにすれば、パソコンに何かあってもファイルはGoogleドライブ上に残る。

 

バックアップというよりも、ファイルを他の端末とやり取りするためにGoogleドライブを使うなら、二つ目の「Googleドライブ上のファイルを操作」でいいだろう。ミラーリングかストリーミングかはメリットとデメリットで判断する。

 

もちろん一つ目の方法でも他の端末とやり取りはできるし、二つ目の方法でもバックアップは兼ねられる。

いろいろ使ってみて自分に合った運用方法を見つけよう。